十勝カルメル修道院

自然に囲まれた小高い丘の上にある十勝カルメル修道院。

ここではカルメル会のシスター達が祈りの生活をしています。

 

正式名を「カルメル山の聖なるおとめマリアの修道会」と呼ばれる カルメル修道会に属し、1990年11月14日、日本で8番目の修道院として、北海道伊達市にある修道院から、ここ幕別町の日新に創立されました。

 カルメル会とよばれるのは、パレスチナのカルメル山がその発祥の地であるからです。(13世紀) カルメル会は、1562年スペインのイエズスの聖テレジアにより、現在あるような形に刷新され、スペインのアヴィラに、祈りに専念するいっそう厳格な修道院が創立されました。その会は跣足カルメル会と呼ばれ、次第に発展し、世界各地に設立されていきました。

 

ここに住むシスターたちは祈りと生活の糧としての労働を行いながら、自分の一生を神に捧げているのです。


修道院の中には小さな売店があり、シスター達の手作りクッキーなどが売られています。

クッキーやチョコレートのほか、夏季はゼリーが売られています。

カルメル会ゆかりの聖人達の本も置いてあります。



札幌近郊の方は、カトリック北11条教会の隣にある光明社さんと、北1条のカトリック・センター売店「ラ・ベルナ」

菓子を卸していますので、是非いらしてください。

 

住所:中川郡幕別町日新13-59
電話: 0155-56-2541